学校法人 聖母学園『亀田カトリック幼稚園』は新潟県新潟市江南区にある幼稚園です。

園について 神さまの愛を感じる保育 ~みんななかよし~

園長あいさつ

園長:山頭 泰種(やまがしら やすかず)

園長:山頭 泰種
(やまがしら やすかず)

-幼稚園は子どもがはじめて出会う学校-

人は、周りの人とのよりよい関わりの中でのみ、健全に育ちます。今まで温かい家庭で育ったお子さんが、社会への第一歩を踏み出す場が幼稚園です。

亀田カトリック幼稚園は、キリスト教の精神に基づいて"隣人を自分のように愛せよ"を建学の心(設立の趣旨)とし、幼児一人ひとりの人格と個性を大切に育むモンテッソーリ教育法を取り入れています。

そして、"自立と思いやり"を備えた、健やかで調和のとれた円満な個性の発達と、社会性の発達の基礎を培うことを目標に、のびのびと育ってほしいと願っています。

学校法人 聖母学園 亀田カトリック幼稚園

園の特色

キリスト教の精神に基づいて、「隣人を自分のように愛せよ」を建学の心としています。そしてモンテッソーリ教育法に基づく教育内容を重んじ、魅力ある環境のもとで、幼児一人ひとりの人格と個性を大切にします。

神さまの愛を感じる保育 ~みんななかよし~

日々の保育の中でのお祈りや生活を通して、一人ひとりが神さまから愛されていることを伝えています。
また、教会でのお誕生の式や神さまのお話、七五三のお祝い等を通してキリスト教的な雰囲気を味わうことも大切にしています。

キリストの精神に基づいた教育

モンテッソーリ教育法 ~ひとりでできるように~

イタリア人女性として初めて医学博士となったマリア・モンテッソーリ(1870~1952)が、人格形成にもっとも影響を与える幼児期(2才~6才)の子どもたちの為に考案した科学的教育法です。
子どもの内にひそむ生き生きとした生命力を
一人ひとりの成長に応じて、どのように引き出すのかに重点を置いた教育法です。

モンテッソーリ教育

  • 3・4・5才児の異年齢混合クラスの編成
  • 「ひとりでできる」って嬉しい。小人数での関わりを大切にし子どもたちの成長を見守る1才児・2才児クラス
  • 幼児一人ひとりの成長・発達に応じた個別指導
  • モンテッソーリ教育法に基づき考案・開発された教具・教材の活用
  • よく準備された環境の中で幼児が自ら考え、選び、工夫しながら、自由でのびのびと主体的に展開される遊びや活動

教育目標

  • 個性豊かに自立する子ども
  • 幼稚園での子どもたち
  • 強調しながら創造する子ども
  • 幼稚園での子どもたち
  • 痛みのわかるやさしい子ども

教育内容(特色)

モンテッソーリ教育法

モンテッソーリ教育法とは

マリア・モンテッソーリは、「適切な環境と援助が与えられるならば、子どもは自ら成長する存在である」ことを発見しました。
その後、子どもたちと接しながら、開発・改良された教育法です。「一人でできるように手伝って!」という子どもの強い内的欲求に応えるために、子どもに自由を与え、自発的活動を尊重し、よく準備された環境を用意します。そして、子どもの様々な興味や関心に対して、もっとも容易にそれらを習得できる力が、幼児期のみのある一定期間に現れます。この時期を「敏感期」といい、その時期に現れる力を活用し、自立、主体性を高め、個々の人格形成を援助することが目的です。

モンテッソーリ教育の5領域

日常生活に関する活動:子どもたちが最初に興味を持つ活動

環境への配慮
環境への配慮

運ぶ・掃除・洗濯・食事の準備・物の片づけ・お茶を注ぐ等

指先を洗練する
指先を洗練する

通す・押し出す・はめる・分ける・折る・貼る・切る・縫う等

自己自身への配慮
自己自身への配慮

鏡を見る・衣服の着脱・靴を履く・手を洗う・鼻をかむ・排泄等

社会性を身につける
社会への適応

戸の開閉・挨拶・刃物の受け渡し・言葉づかい・ルールを守る等

身体の調整力を身につける
身体の調整力を身につける

線上歩き・静粛の練習等

感覚教育

色・形・サイズなど子どもにとって魅力的な感覚教具を用いて、視覚、触角、嗅覚、聴覚等に訴えながら五感を洗練し、識別や分類する力を養う。
この感覚の領域は、数、言語と密接につながっている。

感覚教育

数教育

具体的な質量から数字に移り、抽象化を養い、数字的な頭脳の育成を培う。

数教育

言語教育

2才半から6才の子どもたちは、言葉に対する敏感な時期にいる。
子どもたちは、砂文字やなぞり文字などを用いて、遊びながら自然に文字の読み書きを学ぶ。

言語教育

文化・芸術の導入

総合的な活動で、子どもたちの探求心に応えながら、知性・情操・意識を促進する。
(音楽リズム・体育・絵画制作・地理(地図遊び)・歴史・生物・茶道・宗教等)

文化・芸術の導入

方法や進め方

クラスでの自主選択活動は、「おしごと」と呼んでいます。
教師は子ども一人ひとりの現実を観察し、今できそうなところからおしごとに誘います。
常に秩序感のある環境の整備に配慮し、必要な教具・教材等を子どもがいつでも必要に応じて使えるように万全の準備をします。
そして「一人でできるように手伝ってね!」という、子どもの内面の叫び(内なる要求)を大切にし、
観察者・援助者の立場として接します。

  • 自主選択活動 おしごと
  • 自主選択活動 おしごと
  • 自主選択活動 おしごと
  • 自主選択活動 おしごと
  • 自主選択活動 おしごと

施設案内

教室:1才児クラス

すずらん

すずらん

教室をのぞいてみよう!写真を押すと拡大してみれるよ♪

教室:2才児クラス

チューリップ

ちゅうりっぷ

教室:3・4・5才児異年齢混合クラス

ミカエル

ミカエル

ガブリエル

ガブリエル

ラファエル

ラファエル

施設

教会

教会

ホール

ホール

図書コーナー

図書コーナー

多目的室 アンナ

多目的室 アンナ

トイレ

トイレ

スクールバスのご利用ができます

ご希望の方(園児)はスクールバスの利用ができます。

スクールバスは大型のシャトル号と中型のシャローム号、ぐるんぱ号の3台のマイクロバスを使用し、コース別にそれぞれ運行表にしたがって運行しています。

※希望者に合わせて年に2回、運行コースの見直しはしておりますが、円滑・確実な運行のためにコースの制約もありますのでお問合せください。

【費用】
往復利用の場合 3,500円(月額)
片道のみ利用の場合 2,000円(月額)
1日利用の場合 200円(日額)
  • スクールバス
  • 大型スクールバス シャトル号
  • 中型スクールバス シャローム号

沿革

1961(昭和36)年5月1日 カトリック新潟教区立の教会付属幼稚園として創立。
1970(昭和45)年 現在地に移転し、新築開園する。
1982(昭和57)年 県内の17園と共に「学校法人・聖母学園」となり、現在に至る。